menu

必ず対策すること!

赤いドレスを着ている女性

何事にもサイトは必要

今の世の中、どんな人もビジネスをスタートさせる上で必ずといっていいほどWEBサイトを持つことになると思います。
WEBサイトの用途は色々あると思いますが、例えば会社のホームページを作るときだったりネットショップを開設する際などに、必ず用いることになるでしょう。

そしてもちろん、風俗店を経営する際にもWEBサイトを必ず作ることになると思います。
その理由は、デリヘルしか新しく営業することができない時代だからです。
実はデリヘルという風俗店の場合、無店舗型風俗となります。
つまり外にお店が存在しないタイプになるので、必然的にインターネット上でお客さんにお店の存在をアピールしなければいけなくなります。
だから風俗店の経営を始める人の場合は、必ずWEBサイトを作らないと集客することができないわけです。

ただし、ひとつここで覚えておかなければいけないことがあります。
それは、WEBサイトというのは作ったらおしまいというわけではないことです。
WEBサイトを持ったことがない人は、おそらく作って終了してしまう人が多いと思います。
しかしビジネス目的で作るWEBサイトというのは、絶対にそこで終わらせてしまってはいけません。
その理由は、WEBサイトを作るだけではうまくアクセスを集めることができないからです。


SEOがとにかく重要!

まずWEBサイトを作ったあとは、もちろん誰かに見てもらうことが必要ですよね。
風俗店の場合はWEBサイトを誰かが見てその結果予約が入ることになるので、WEBサイトが直接コンバージョンにつながる大事なものになります。
よってWEBサイトを見てもらうために、さまざまな工夫と努力を施す必要があります。

ではその際に、一体どんなことをしなければいけないのか?
ここで重要になってくるのが、SEOになります。

SEOとはサーチエンジンオプティマイゼーションの略で、検索エンジン最適化という意味を持つ言葉です。
例えばどんな人もネット検索というのは利用したことあると思いますが、おそらくあなたも表示される検索結果のうち、1ページ目に表示されているものから先に見ますよね。
人によっては2ページ目に移動するかもしれませんが、ほとんどの場合は1ページ目で探している答えが見つかると思いますのでまず2ページ目以降は見ないでしょう。
仮に1ページ目で答えが見つからなかったとしても、あらためて違うキーワードで検索することが多いと思います。

ということは、自分のWEBサイトが1ページ目にヒットしていないといけないことがわかりますよね。
SEOを施すことによってそれが実現できるので、まずこれは絶対にやらなければいけません。

常に監視し続けよう

まったくSEOを意識せずにWEBサイトを運営することは、まさに愚の骨頂です。
だからWEBサイトを作る際や、作ったあとも常にSEOについては意識しつつ運営してもらいたいと思います。

ではそもそもSEOを意識しておこなうことで、どうして順位アップが期待できるようになるのか?
といった疑問が出てくると思います。

それは、検索エンジンのアルゴリズムにWEBサイトを最適化させることになるからです。
つまり検索エンジンがあなたのWEBサイトを、高く評価するようになります。
だからその結果、順位がアップするということです。

ただし、SEOを意識して取り組んだとしても必ず理想的な結果が生まれるわけではありません。
というのも、基本的に検索エンジンのご機嫌ひとつで結果がすべて左右されてしまいます。
だから今までは有効的だった手段が、ある日突然結果を残さなくなったといったトラブルもあるのです。
そのためSEOについてはそのときの状況によってうまくいかないこともありますが、それでも根気よく取り組み続けることが大事です。
きちんと普段からSEOに関する情報を仕入れておけば、大きな順位の変動があったとしても対応しやすくなるはずです。

おすすめ記事

白い下着をつけている女性 「風俗サイトのSEOで大事なポイントはなにか?」のおすすめ記事です。 read more »

概要の設定について

髪を耳にかけている女性

WEBサイトというのはそのサイトを表すディスクリプションの記載も重要になります。SEOにおいて直接的に関連することはあまりないですが、検索ユーザーのことを考えると絶対にひとつずつページごとに設定した方がいいでしょう。

read more »

そのままじゃダメ

仲良しな二人の女性

ワードプレスでWEBサイトの運営をする場合、おそらくあなたもall in one seoというプラグインを使うことになると思います。ただその場合は絶対にSEO的にしなければいけないポイントがあるので教えておきます。

read more »